豊かな人生を目指す40代サラリーマンため造の貯金ブログ

40歳で貯金1000万円を達成!サラリーマンため造の貯金、投資、運用、節約のノウハウと実録をブログ形式でご紹介!今、注目のキャッシャレス、仮想通貨も活用し、50歳ローン完済と貯金3000万円を目指す。

38歳の貯金額相場は?貯金1000万円は少ないのか調べてみた

time 2019/01/05

38歳の貯金額相場は?貯金1000万円は少ないのか調べてみた

ため造は25歳の時、35歳1000万円という目標を立てて、3年遅れの38歳で貯金1000万円を達成しました。世の中的には38歳の平均貯金額はいくらくらいなんだろうという事に興味を持ち、調べてみました。また日本全体の平均貯蓄額はいくらなのかも調べてみました。

こんにちは。
貯金1000万円を達成!サラリーマンため造の貯金、投資、運用、節約のノウハウと実録をブログ形式でご紹介する豊かな人生を目指す40代サラリーマンため造の貯金ブログです。

インターネットに投稿サイトには、下記の様な投稿が載っていた。ちょうど、ため造と同じ38歳で貯金1000万円に到達する予定の方が、貯金1000万円とは少ないかを聞いていた。

独身38歳で貯金1000万は少ないですか?
一人暮らし会社員です。賃貸マンションに住んでます。

まだ38歳までは数年あるのですが、予定として
このくらいの金額になりそうです。

年間125万ずつ貯めていますが、
30代になってもしばらく遊び呆けていたので
貯金のスタートがかなり遅れました。

それに対する色んな方からの回答です。

少ない、とは言いませんが、多くはないです。
普通に生活している独身OLさんでも、10年で1000万円は貯められると思うからです。
独身38歳で、男性であるならば、2千万は持っていてもいいかな、と。
自分以外にお金の使い道がないわけですから。
所帯持ちで子どももいるなら、話は全然別です。



少ないほうだと思います。
理由は単純で、私の現在の預貯金額(いくらかは秘密^^;)よりも
はるかに下回っているから。

あと、1000万というのも中途半端な額で、
住宅取得にも子供一人当たりの教育費にも足りないしね。


私は30代既婚者(子なし)ですが、1千万の貯金だと将来が不安です。
子供が二人ほしいと思っているのに、教育費は一人1千万円くらいかかるみたいだし、
老後も医療などでもお金がかかるかも知れないし・・・。
最近家を購入して、コツコツ貯めていたお金もあっというまになくなってしまいましたし。
不安をあげればきりがないですが・・・。
私は3千万円くらいあるといいな~と思います。

既婚者29歳です。私も同感です。いろんな価値観あると思いますが、私は預金1千万では「少なすぎ」です。
結婚資金・家具一式・新居・新婚旅行もろもろ・・であっという間に1千万なんて、なくなりますよね^^;
結婚後は子育て、養育・教育費など子供の教育に熱心になればなるほど、お金はかかるものだと思いますし、
将来はマイホームも欲しいし、子供一人あたり大学に行くと1千万かかります。
自分が両親からしてもらったように、自分も同じように将来子供には十分な教育を受けさせてあげたい。
と思っています。
目に見えないところでもお金はたくさんかかります。

おー、結構衝撃の回答でした。25歳の時に目標としていた貯金1000万円を達成して、自分の中では「よし!」と達成感も持っていたのですが、そもそもその目標自体が低かったのかもしれないと思い始めています。世の中、もちろん上には上がいると思いますが、向上心は常に持ち続けたいとため造は思うのです。

今、次の目標に設定している50歳貯金3000万円、住宅ローン完済という目標自体もどうなんだろう。次の機会に調べてみたいと思います。

貯金に関する統計データを調べてみる

とはいえ、さすがにインターネット上の数人のコメントだけを真に受ける訳にもいかないので、統計データを調べてみる事にしました。

平成29年度の民間給与実態統計調査(総務省)によれば、給与所得者の平均給与は、「男性 531.5万円(45.9歳)、女性287.0万円 (46.2歳)だそうです。

金融広報中央委員会による「家計の金融行動に関する世論調査(2人以上世帯調査)」の平成30年度調査結果を要約すると下記の様な結果が書いてありました。下記は全体の平均です。30代だけの数値ではありません。

  • 普通口座の所持率は97.3%   (平均505万円)
  • 積み立て型保険の所持率54.8% (平均258万円)
  • 個人年金保険の所持率26.8%  (平均78万円)
  • 株式投資の実施率19.6%    (平均128万円)
  • 投資信託の実施率13.0%    (平均65万円)
  • 財形貯蓄の実施率11.5%    (平均29万円)
  • 預貯金の平均は784万円
  • 手取り収入の8%を貯蓄
  • ボーナスや臨時収入の16%を貯蓄
  • 運用していた資産が元本割れした経験を持つ人は24.5%
  • 1年前と資産残高が増えた人は22%、変わらないが47%、減ったが28%
  • 資産が増えた理由は・・・収入が増えた、毎月貯金する金額を引き上げた、株式&債券の価格の上昇がトップ3。
  • 資産が減った理由は・・・収入が減った、耐久消費財(車、家具、家電)の購入費用があった、子供の教育・結婚費用がトップ3
  • お金を貯める理由は・・・老後資金にあてる、病気災害に備える、こどもの教育資金がトップ3
  • 将来遺産をどうしたい?・・・無条件で子供に財産を残す、老後の世話をしてくれるなら子供に財産を残す、財産を使い切りたいがトップ3
  • 目標金融資産の平均額は 2383万円。
  • 住宅ローンの平均残高は1350万円。(年間返済額は平均109万円)
  • 将来を考えて生活設計をしている人の割合 37.4%
  • 10年後まで生活設計している人の割合は67%
  • 老後は毎月27万円必要だと思っている。
  • 年金支給時に、最低2067万円必要だと思っている。
  • 老後を心配している人の割合は79.2%。

30代だけの数値は下記の通りです。同じく金融広報中央委員会のデータより

  • 30代の金融資産は平均379万円
  • 30代の平均預貯金額は231万円
  • 30代の平均保険積立金は80万円
  • 30代の平均有価証券残高は46万円
  • 30代の保有のその他金融商品は22万円
  • 30代全体の1/3が貯金0円。

だいたい全体の数値が見えてきました。38歳で貯金1000万円はだいぶ多い方だとわかりました。ただ、ため造は今年40歳になりましたので、40代になるとまた別なのだろうと思います。これは別の機会に調べてみたいと思います。

それでは本日はここまで。

今後ともよろしくお願いいたします

プロフィール

著者:ため造

私・ため造は普通の会社勤めのサラリーマンで、妻と小学生の娘、息子の4人家族です。大阪市に住んでいて、子供は公立の小学校に通っています。ごくごく普通の家庭。趣味は仕事、歴史シミュレーションゲーム、貯金、投資、PTA活動、外食です。

PVアクセスランキング にほんブログ村