豊かな人生を目指す40代サラリーマンため造の貯金ブログ

40歳で貯金1000万円を達成!サラリーマンため造の貯金、投資、運用、節約のノウハウと実録をブログ形式でご紹介!今、注目のキャッシャレス、仮想通貨も活用し、50歳ローン完済と貯金3000万円を目指す。

貯金1000万円達成までの軌跡

time 2019/01/04

貯金1000万円達成までの軌跡

こんにちは。
40歳で貯金1000万円を達成!サラリーマンため造の貯金、投資、運用、節約のノウハウと実録をブログ形式でご紹介する豊かな人生を目指す40代サラリーマンため造の貯金ブログです。

今回は貯金1000万円達成までどの様に貯めたかを調べてみる事にしました。

2003年12月 結婚準備・結婚式で400万円ほど使い貯金が0円になる。

2004年12月  03年冬、04年夏、04年冬のボーナスを1円も使わずに再び100万円貯める。

2005年12月 05年夏、05年冬のボーナスを使わずに貯金200万円突破。

2006年1月  100万円を元手に投資信託を始める。当時勢いのあった新興国BRICS(ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカ)に注目。06夏、06冬のボーナスも使わずに貯める。

2007年12月 07夏、07冬のボーナスも使わずに貯める。BRICSの株価上昇の波に乗り、投資信託が200万円を超え、貯金が一気に500万円を超える。

2008年6月 08夏のボーナスも使わずに貯める。投資信託が300万円を超え、資産が650万円に到達。 

2008年9月 リーマンショック勃発。。。投資信託を撤収し、ダメージを逃れ様としたが、資産は530万円と-100万円のダメージを受ける(投資から3年経過していたので、それでも100万円以上プラス)。08年冬のボーナスも使わずに貯めて貯金600万円に。

2009年11月 転職で給料が下がり、子供が生まれて出費が膨らみ、貯金ができなくなる。月々の収支が赤字に。。。ついに結婚式以来6年ぶりにボーナスに手を付ける。

2010年~2013年 2人目も生まれ、月々の収支がさらに合わない様になる。ボーナスに手を付ける事が常態化する。貯金は横ばいに。

2013年9月 転職5年が経過し、給料が上がってくる。さらに月々の収支の合わないのは、収入が原因ではなく、支出に原因がある。特に自分のメンタルが原因である事を特定し、収支改善を図る。気晴らしのための消費・浪費を減らし、投資に回すお金を増やす。再びボーナスに手をつけなくなる。

2014年 13年冬、14年夏、14年冬のボーナスを貯める。海外株式投資が当たり100万円ほど儲かり、貯金が800万円に到達。

2015年 15年夏、15年冬のボーナスを貯める。海外債券で補足長く利回りをGETし始める。貯金額が900万円に到達。

2016年 16年夏、16年冬のボーナスを貯める。株で-100万円を出してしまい、貯金額900万円のままで1年を終える。

2017年 17年1月に仮想通貨投資を100万円で始める。17年夏のボーナスも仮想通貨に投資する。仮想通貨バブルの波に乗り、年末に総資産が6000万円ほどまで膨れ上がる。

2018年1月 仮想通貨を500万円ほど日本円に換金する。直後、暴落。そして、コインチェック問題直撃、さらに暴落していく。ただ、この換金を持って、一気に日本円の資産が1000万円を達成する。その後、税金の高さにビビる。。

2018年12月 6000万円まで膨れ上がった仮想通貨はバブル崩壊を経て400万円まで下がる。もっと早く日本円に戻せば良かったと後悔しつつも、あの税金の高さにビビって、換金できなかったのは自分だから致し方ないと妙に納得。再び仮想通貨の時代が来るのを虎視眈々と待つ。

2019年1月、現在に至る。現在のポートフォリオは・・・

  • 日本円 700万円
  • 投資信託 200万円
  • 外国株式 100万円
  • 外国債券 200万円
  • 仮想通貨 400万円

日本円で1300万円、仮想通貨も併せると1600万円の資産。

現在、50歳までの10年で、住宅ローンの完済と貯金3000万円を目指し中。

ちなみに、住宅ローン残高は800万円程度。繰り上げ返済をしたいが、手持ちの現金が減りすぎると投資ができなくなるので、バランスを考慮している最中。

これまでは1人で投資や貯蓄を行ってきたが、今後は本ブログで逐一投資の方針を共有していきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

プロフィール

著者:ため造

私・ため造は普通の会社勤めのサラリーマンで、妻と小学生の娘、息子の4人家族です。大阪市に住んでいて、子供は公立の小学校に通っています。ごくごく普通の家庭。趣味は仕事、歴史シミュレーションゲーム、貯金、投資、PTA活動、外食です。

PVアクセスランキング にほんブログ村